女性の加齢臭の悩み体験談|加齢臭を消すためにしていることまとめ

加齢臭
【女性の加齢臭を消すためにしていることもくじ】
  【45歳】脱いだ洋服からツンとしたニオイが
  【43歳】ボディクリームを塗ることで下着に嫌なにおいはなくなりました
  【45歳】朝起きると枕から嫌な臭いがする
  【35歳】耳の後ろや小鼻などから粘土のような皮脂が酸化したような臭い

【45歳】脱いだ洋服からツンとしたニオイが

私は45歳になります。

加齢臭というのは男性特有のもので、女性にはないと思っていました。

でもある時、いつも使っているまくらのニオイが臭いと感じるようになりました。

それに、今までは少しくらい汗をかいても体臭が気にならなかったのに、脱いだ洋服からツンとしたニオイがするようになりました。

女性にも加齢臭があることを知って、これがそうなのかと意識しました。

特に嫌だと感じるのは、職場で若い子達と一緒にいる時です。 若い子はニオイに敏感ですから、臭いニオイがすると気づかれたらどうしようと思い、つい距離をおいてしまいます。 それに、夏場など通勤で汗をかくと、頭皮や足のニオイなどがさらに強くなるような気がして、自分のニオイが気になって仕事に集中できない時もあります。 加齢臭対策についていろいろ調べてみたのですが、出かける前にはいつもミョウバン入りの消臭スプレーを使っています。 汗や皮脂を吸着してくれる作用もあるので、気になった時に使えるように持ち歩いています。 汗が抑えられてミントのような香りがさわやかだし、これはかなりいいです。 頭皮のニオイケアの為には、アミノ酸が入っている加齢臭対策用のシャンプーを使っています。 これは、ネットで見つけた商品で、1ヶ月くらい使っていたら頭皮のニオイがかなり改善されました。

【43歳】ボディクリームを塗ることで下着に嫌なにおいはなくなりました

43歳女性です。

あるときから下着として着ているタンクトップの背中の部分のにおいが気になるようになりました。

汗をかいたからかな、と思いその日から念入りに背中を洗うようにしましたがどうも治らないのです。

着ている服の素材のせいかと思い下着の素材を変えてみましたが変わりません。

きちんと洗っていても発生するなんとも言えない、お父さんみたいな匂い…。ついに加齢臭がやってきたかと思った瞬間です。

加齢臭が特に嫌なのは入浴で服を脱ぐときに何となく匂うこと。嫌なのに確かめてしまう自分がいます。

ですので人と会っているときにこの背中のにおいを相手が感じてしまっているのではないかとハラハラするときがあります。

ちょっと汗ばむようなシーンや暑い日は特にひやひやします。自分がくさいのではないかと思いながら何かをするのは非常に気が散りますし、もし本当に匂っていたとしても相手も言いにくいことですから嫌な悩みです。

汗ばむような時期や冬場でも室内が暖房でむわっと暑い場合がありますので年間を通して外出時にはボディクリームか、香りが強めのハンドクリームを背中に塗るようにしています。

ボディクリームは香りが強いので気になる場合はハンドクリームにしています。

夏場は香り付きの制汗スプレーを多めに背中にかけて対応する場合もあります。そのほか背中は石鹸で毎日念入りに洗うことやあかすりを使って垢が背中にたまらないようにしています。

実際にボディクリームを塗ることで下着に嫌なにおいはなくなりました。何よりも自分が匂いに心配せずに一日を過ごせることが対策を見つけられてよかったと思っています。

【45歳】朝起きると枕から嫌な臭いがする

私は45歳の女性会社員です。

加齢臭はどちらかというと男性特有の臭いだと思っていましたが、私も年齢が40歳を過ぎた頃から加齢臭を感じる様になりました。

1日置きに枕やシーツを洗濯しているのですが、朝起きると枕から嫌な臭いがする様になりました。

パジャマを脱いだ時にも背中や胸元から嫌な臭いがしました。

暑い時期は寝ている間に汗をかくので最初はその臭いかなと思いましたが、全く汗をかかない日でも嫌な臭いがするので、この臭いが加齢臭なんだなと意識し始めました。

私は職場まで電車通勤をしてるのですが、駅のホームで電車を待つ間に隣の人が少し離れて立っていると私を避けているのではないかと思う様になりました。

また電車内でつり革を握っていると脇の下から臭う時があるので、自分の近くにいる人が嫌な顔をしていないかと不安に感じる事もありました。

仕事中も頭や耳の後ろ辺りから嫌な臭いがするので、会話中に社員が一瞬顔を背けたりすると私が原因なのかと思い気分が落ち込んでしまいました。

加齢臭を感じてからは香水で誤魔化してみましたが、香水の強い香りだけが鼻に付きあまり効き目がありませんでした。

次にデオドラントシートやスプレーを使い臭いを消してみました。

それでも午後になると効果が薄れてしまい、お昼休みにまた同じ事を繰り返していましたが、とても手間がかかるので段々と面倒に感じる様になりました。
それからは少し早め起きてシャワーを浴び、全身の汗を丁寧に洗い流す事にしました。

シャワーを浴びると肌が刺激されて気持ちがスッキリします。
体もさっぱりして嫌な臭いもなくなるので気持ち良く出勤する事が出来ました。

今は加齢臭もなく快適な毎日を過ごしていますが、仕事が忙しくて体をたくさん動かした時はデオドラントシートやスプレーを使って嫌な臭いがしない様に気を付けています。

【35歳】耳の後ろや小鼻などから粘土のような皮脂が酸化したような臭い

若い頃は自分の臭いを気にした事無かったのですが、30歳になってから「なんか最近枕が臭いような」と感じて自分の臭いを気にするようになりました。

ちょっと汚い話になりますが、耳の後ろや小鼻などから粘土のような皮脂が酸化したような臭いがしていました。

色々調べていると加齢臭が原因だと分かりました。

加齢臭は男性特有の症状だと思っていたし、女性でも加齢臭が出はじめるのは40代~50代くらいからみたいなので「30代で加齢臭?」とちょっとショックでしただけど最近は若い女性でも加齢臭に悩んでいる人が増えているそうです。

脂っこい食事や睡眠不足、不規則なライフスタイルなどが原因で女性ホルモンのバランスが崩れると、女性でも加齢臭が出てくると知りました。

確かに私も生理前になると食欲が増して揚げ物や甘い物など暴飲暴食してしまっていたし、寝る時間がバラバラだったりと乱れた生活をしていたのでそれが原因だと感じました。

電車に乗っていると自分の臭いが気になってすごく嫌だったので生活を改善する事にしました。

野菜中心の食事をしてハムやウィンナーなどの添加物が入った食べ物は選ばないようにしました。

生理前の食欲が増してしまう症状は豆乳を飲むと軽減できると調べて知っていたので生理の1週間くらい前からコップ1杯飲むようにしていましたが、女性ホルモンのバランスが整えられるので加齢臭にも効果的でした。

加齢臭には渋柿石鹸が良いとの事で使っていましたが、確かに耳の後ろの臭いが抑えられていたし、時間が経っても皮脂が酸化したような臭がしなくなったのですごく良かったです。

赤ら顔の悩みコンプレックス|赤ら顔が治った体験談